コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さし サシ

デジタル大辞泉の解説

さし

牛肉などで、赤身の中に網の目のように入っている脂肪。霜降りの脂部分。「さしが入った牛肉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さし

牛肉の霜降りの入り方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さしの関連キーワード差し添い人・差添い人差し添え人・差添え人燃え残り・燃残り差し乳・差乳鬢張り・鬢張旗持ち・旗持インディオ差し出で口翳しの羽水馴れ竿木漏れ日お祭佐七差添え人燃残り錏屋根燃え杭癲狂院天刑病水注ぎ指小旗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さしの関連情報