さし(読み)サシ

精選版 日本国語大辞典の解説

さし

〘名〙 扁形動物触手頭条虫類の幼生で、サバ、カツオなどの肉中にみられ、成虫サメ消化管に寄生する。

さし

(命令形。四段・ナ変以外の動詞の未然形について) 軽い敬意を込めて相手に命令する意を表わす。なさい。
※上々之参得(室町末)「畢竟大用落居と心得さし」
[語誌]「させたまふ」を起源とする「さしまふ」の命令形「さしまへ」から「さしめい」「さしい」「さし」と変化したと考えられているが、用例としては、室町末期から江戸初期にかけての東国系洞門(曹洞宗抄物に限られている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さしの関連情報