コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワモドキ Hondapara

世界大百科事典 第2版の解説

ビワモドキ【Hondapara】

ビワモドキ科の常緑高木(イラスト)。ビワに似た厚い大きな葉を茂らせ,白色ツバキに似た大きな花を咲かせる。茎は多くのに分かれて広がり,高さ10mほどになる。葉は枝の先のほうに集まってつき,倒広披針形で,とがった鋸歯があり,長さ20~30cm,平行に走る側脈が明らかである。花は葉のわきに単生し,径15cmほどで香気がある。5枚の肥厚した萼片が花を包み,花弁は5枚。多数のおしべ塊状に集まって花柱をおおう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワモドキ
びわもどき / 枇杷擬
[学]Dillenia indica L.

ビワモドキ科の果樹。インド、ミャンマー(ビルマ)、タイ、マレーシア地方に分布し、高さ約10メートル。花は白く、径約20センチメートル、花柄は数センチメートルで細毛がある。果実は球形で径約15センチメートル。瓦(かわら)重ね状に密接した萼片(がくへん)が肥厚して心皮を包んだもので、心皮部は粘質物を含み、多数の種子がある。肥厚した萼片は肉質多汁で酸味があり、生食のほか、ジャム、ゼリー、清涼飲料に用いる。また、熟果、未熟果とも野菜として用いる。名は、葉がビワに似るが、大形であることによる。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビワモドキの関連キーワードヒベルティア熱帯植物

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android