コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューカレドニア ニューカレドニアNew Caledonia

翻訳|New Caledonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューカレドニア
New Caledonia

南太平洋南西部にあるフランス海外領。フランス語ではヌーベルカレドニー Nouvelle-Calédonie。ニューカレドニア島ロワヨテ諸島パン島,ベレップ島のほか,チェスターフィールド諸島,ヒュオン島,ウォルポール島などの無人島を含む。主島ニューカレドニア島が面積,人口とも 80%以上を占める。首都はヌメア。1774年にジェームズ・クックが来航,1853年にフランス領となり,1864~97年の流刑植民地や島民抗争の時期を経て,1946年にフランス海外領となった。フランスからの総督のもとに現地行政機関があり,1976年にさらに内政自治が強化された。しだいに独立運動が盛んになり,1988年より独立派,反独立派,フランス政府の 3者間で,独立の是非や自治権拡大についての協議が始まった(→ニューカレドニア独立運動)。自給農業のほか主産業はニッケルの採掘と精錬で,次いで観光,牧牛,コーヒー,ココナッツ栽培,木材生産などがある。ニッケル鉱および精錬ニッケルは輸出額のほとんどを占め,フランス,日本,アメリカ合衆国などへ輸出される。住民はメラネシア系のニューカレドニア人,ヨーロッパ系住民,そのほか (おもにベトナム,インドネシア,フランス領ポリネシア,ワリス諸島などからの移入労働者) である。周辺のサンゴ礁は,その生物多様性と生態系を評価され,2008年世界遺産の自然遺産に登録された。面積 1万8575km2。人口 25万5000(2011推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニューカレドニア【New Caledonia】

南太平洋、メラネシアにある島。フランス領。ニッケルの世界的な産地で、マンガン・クロムなども豊富。中心都市、ヌーメア。住民はメラネシア人とフランス人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ニューカレドニアの関連キーワードミッシェルコルバッソン動物森林公園ヌメア・トントゥータ国際空港ニューカレドニア国際マラソングンカンドリ(軍艦鳥)ニューカレドニア[島]ローヤルティ[諸島]天国にいちばん近い島ブラックバーディングサンジョセフ大聖堂モリツバメ(森燕)フランスの海外領土F.O.L.の丘バンジージャンプグランドテール島ノーフォーク島ヌメア国際空港ココティエ広場ペニス・ケースロードハウ海膨マドレーヌの滝

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューカレドニアの関連情報