ヒレアシトカゲ(鰭脚蜥蜴)(読み)ヒレアシトカゲ(英語表記)snake lizard

世界大百科事典 第2版の解説

ヒレアシトカゲ【ヒレアシトカゲ(鰭脚蜥蜴) snake lizard】

ヒレアシトカゲ(ピゴプス)科Pygopodidaeに含まれる系統的にはヤモリに近いトカゲ類の総称。約32種が知られるうち,2種がニューギニアに生息する以外はすべてオーストラリアに分布する。大半が全長50~75cmであるが,ミミズ形のミミズヒレアシトカゲ属Aprasiaは15~20cmと小型。体型は四肢が退化した細長いヘビ形であるが,骨格の構造などはヤモリ類に近く,眼もヤモリ同様にまぶたが固着し1枚の透明なうろこで覆われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android