コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞳孔 どうこう pupil

翻訳|pupil

7件 の用語解説(瞳孔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞳孔
どうこう
pupil

眼球の正面で虹彩に囲まれた中膜正面の小孔。ここから光が入り,網膜に達する。光の強さによって,大きさが変り,眼内に入る光量を調整して網膜を保護するとともに,鮮明な像を結ばせる。小さくなることを縮瞳,大きくなることを散瞳という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐こう【瞳孔】

眼球の虹彩(こうさい)の真ん中にある円形の小孔。光線が入る所で、虹彩にある瞳孔括約筋瞳孔散大筋の相対的な働きによって大きさが変わり、光の量を調節する。ひとみ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

瞳孔【どうこう】

瞳(ひとみ)とも。眼球内部の前面で,虹彩(こうさい)に囲まれた孔。その大きさは,瞳孔括約筋,瞳孔散大筋の働きによる虹彩の伸縮で調節され,眼球内に入る光の量が加減される。
→関連項目角膜眼筋瞳孔散大瞳孔縮小網膜芽細胞腫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

レーシック関連用語集の解説

瞳孔

瞳の中心にある、黒い部分。周りを囲む、虹彩が伸び縮みすることで、瞳孔の大きさが変わり、眼に入る光の量を加減します。

出典|レーシックNET
copyright(C) レーシック・NET All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうこう【瞳孔 pupil】

いわゆる瞳(ひとみ)の部分で,角膜を通して外から茶色に見える虹彩の中央にある円形の小孔をいう。発生学的には,眼球腔中に円盤状の薄い膜として存在する虹彩のほぼ中央に,眼球内へ光を入れるために丸い孔があいたものである。明るいところでは,瞳孔を小さくし(これを縮瞳miosisという),眼球内に入ってくる光の量を少なくする。暗いところでは,逆に瞳孔を大きくし(これを散瞳mydriasisという),眼球内に入ってくる光の量を多くする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうこう【瞳孔】

虹彩の中央にある円形の穴。光が眼球後部にはいる時に、この部分を通る。虹彩の働きにより自律的に大きさが変化して光量や焦点深度の調節を行う。ひとみ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瞳孔
どうこう

眼球内をのぞき込むと、中央部からやや鼻側に円形の黒色部分が見える。これが瞳孔である。一般には瞳(ひとみ)ともいう。瞳孔は周囲を取り巻く虹彩(こうさい)によってできる。虹彩は目を包む脈絡膜が伸びた部分で、個体によってその色がさまざまなことからこの名前がある。欧米人では虹彩がしばしば青色に見える。虹彩は輪状の収縮性円盤で、この中にある瞳孔括約筋と瞳孔散大筋の相対的な働きによって、瞳孔の大きさや形は自律的に変化する。その変化は直径2~6ミリメートルほどである。正常人では瞳孔の大きさは左右同大であるが、不同の場合もある。瞳孔の大きさが左右著しく不同の場合、瞳孔不同といい、これには先天的な場合と後天的な場合とがある。後天的には散瞳薬や縮瞳薬などを片方の目に使用した場合とか、緑内障、虹彩癒着、あるいは脊髄癆(せきずいろう)や進行麻痺(まひ)などのような全身的疾患の際にしばしばみられる。発生的にみると、胎生6か月までは瞳孔も瞳孔膜で閉ざされている。瞳孔膜は水晶体前部を覆う血管包である。6か月以降になると瞳孔膜は萎縮(いしゅく)消失する。しかし、この瞳孔膜が出生時にも残ると瞳孔の先天的閉鎖となる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の瞳孔の言及

【虹彩】より

…虹彩実質は粗な結合組織の網目で,中に血管と色素細胞が埋まっている。虹彩色素上皮は外胚葉由来のもので,元来は2層だが,前層は瞳孔散大筋に分化し,後層だけにみえる。虹彩に接してすぐ奥には水晶体がある。…

【瞳孔反射】より

…瞳孔の大きさを散大させたり縮小させたりする反射。瞳孔は虹彩の中心にある小孔で,その大きさは瞳孔を環状にとりまく瞳孔括約筋と放射状に走る瞳孔散大筋の作用によって変化する。…

【目∥眼】より

…また脈絡膜の前縁は小さなひだ状の毛様体となり,透明な繊維でできたチン小体を介して水晶体に連なる。一方,毛様体から水晶体の前方に虹彩(こうさい)がのび,瞳孔(どうこう)が形成される。網膜には視細胞やその他の神経要素があり,視覚情報処理の一部がここで行われる。…

※「瞳孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瞳孔の関連キーワード所謂角膜移植転流凍れる瞳いわゆるひとつのチョーさん主義燃ゆる瞳果心角膜実質層いわゆる債権法ひざ(膝)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瞳孔の関連情報