コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロイック・カプレット heroic couplet

翻訳|heroic couplet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒロイック・カプレット
heroic couplet

英雄詩体二行連句。英語で弱強五歩格の詩行を2行ずつ押韻したもの。ホメロスの翻訳に用いられたことからその名がある。 14世紀にチョーサーによって移入され,17,18世紀にドライデンポープによって完成された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のヒロイック・カプレットの言及

【ドライデン】より

…詩,劇,批評という三つの分野にまたがった彼の大きな足跡を思えば,英文学史上17世紀後半を総称して〈ドライデンの時代〉と呼ぶ習慣は,まことにもっともである。それは理性と秩序を重んじる時代であり,詩的表現様式としては冷徹にして整然たる英雄対韻句(ヒロイック・カプレット)が支配的になっていく。同時にこの種の詩的武器でもって,同時代の社会と政治に積極的に参加(アンガジェ)していく文学でもあった。…

※「ヒロイック・カプレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒロイック・カプレットの関連キーワード王政復古期演劇イギリス文学ウォラートムソンバーンズ人間論デナム

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android