コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒープ ひーぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ヒープ

OS、またはプログラムによって動的に割り付けられたメモリー領域。そのメモリー領域が必要なくなると、開放される。ヒープ領域は、プログラムが使う作業領域やプログラムそのものをロードする際に用いられる。この他、ヒープソートなどで使われる、最大または最小の順に並んだデータ列のことも指す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のヒープの言及

【データ構造】より

…2分探索木に用いる場合が多い。 ヒープ:木の各要素にデータを置き,親のデータが子のデータより大きくなるようにしたもの。ポインターを使わずに,配列上にデータを並べるだけで木を表現した場合を指すことが多い。…

※「ヒープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒープの関連キーワードキューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観ジョン ウェットンアプリケーショングローバルヒープキム ドンウクチョンブリー県システムヒープローカルヒープタイランド湾ユン ウネリーチング安息の日々コン ユ対自核CTSタイ湾

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android