コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミン結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

ビタミン結合タンパク質

 体内でビタミンに特異的に結合するタンパク質で,例えばビタミンAに結合するタンパク質(レチノール結合タンパク質)は血液中や細胞内に存在し,ビタミンAの体内での運搬や細胞内での移動を行うとされている.そのほか,ビタミンD,ビタミンB2,ビタミンB12ビタミンEなどにも結合タンパク質が知られている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android