コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミン結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

ビタミン結合タンパク質

 体内でビタミンに特異的に結合するタンパク質で,例えばビタミンAに結合するタンパク質(レチノール結合タンパク質)は血液中や細胞内に存在し,ビタミンAの体内での運搬や細胞内での移動を行うとされている.そのほか,ビタミンD,ビタミンB2,ビタミンB12ビタミンEなどにも結合タンパク質が知られている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android