ビタミン結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

ビタミン結合タンパク質

 体内でビタミンに特異的に結合するタンパク質で,例えばビタミンAに結合するタンパク質(レチノール結合タンパク質)は血液中や細胞内に存在し,ビタミンAの体内での運搬や細胞内での移動を行うとされている.そのほか,ビタミンD,ビタミンB2,ビタミンB12ビタミンEなどにも結合タンパク質が知られている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android