コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビデオメーター ビデオメーター videometer

2件 の用語解説(ビデオメーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビデオメーター(videometer)

日本で開発された、テレビ視聴率を調査する装置の商標名。取り付けた受像機の放送チャンネル自動的に記録するもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビデオメーター
びでおめーたー

テレビの視聴率を自動調査するための装置。電通が東芝の協力のもとに開発し、1962年(昭和37)に発足したビデオリサーチ社が発足当時から使用している。
 ビデオメーターは、調査対象にサンプルされた家庭のテレビ受像機のチャネルスイッチと連動して、受像している放送チャネルを1分ごとに休みなく、自動紙送りされた紙テープに記録する。このテープは1週間ごとに回収され、テープ読み取り機で読み取られ、コンピュータで集計される。ビデオメーターは和製英語であるが、同種のものにアメリカのニールセン社のピープルメーターがある。
 視聴率調査にビデオメーターを使用すると、機械的なデータしか得られず、サンプル数に限度があるとされる。しかし、オンラインを使用して数時間で600世帯分を回収し、翌日には日報にまとめられる利便性があることから、視聴率は関東、関西、名古屋地区が600、そのほかのほとんどの地区は200標本について、調査されている。[岩田倫典]
『藤平芳紀著『視聴率の謎にせまる――デジタル放送時代を迎えて』(1999・ニュートンプレス) ▽引田惣彌著『全記録テレビ視聴率50年戦争――そのとき一億人が感動した』(2004・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビデオメーターの関連キーワードPALTRPネット視聴率個人視聴率HUT世帯視聴率フリンジ視聴率タイムシフト視聴調査録画視聴率テレビ視聴率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone