コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビナイン・データ benign data

1件 の用語解説(ビナイン・データの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

ビナイン・データ【benign data】

消費者側に不安を与えることなく、既存の情報にその価値を高めるデータを追加すること。例えば、既存の氏名・住所にマンションの部屋番号を付け加えることなど。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビナイン・データの関連キーワード基細EDLPeメール・マーケティング外部不経済裁許消費者包装消費者保護フィアー・アピールファミリー・フェイス日本消費者協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone