コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データ データ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

データ

コンピューターで処理されるデジタル情報。コンピューターの画面で文字列や画像として表示されるものも、実体は0と1の2進数で表現されている。なお、データを特定の形式で1つのまとまりとしたものがファイルである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

データ

コンピュータで処理する情報のことをいいます。コンピュータでは、映像も音楽も、文字も、すべてが「データ」として取り扱われます。
⇨デジタル、マルチメディア

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

データ(data)

物事の推論の基礎となる事実。また、参考となる資料・情報。「データを集める」「確実なデータ
コンピューターで、プログラムを使った処理の対象となる記号化・数字化された資料

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

データ

アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場するキャラクター。シリーズの主役艦であるエンタープライズ号の第二副長で、テレビシリーズ第2作「新スタートレック」のほか、映画シリーズに登場するアンドロイド

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

データ【data】

判断や立論のもとになる資料・情報・事実。 「 -を集める」
コンピューターの処理の対象となる事実。状態・条件などを表す数値・文字・記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

データ
data

材料,資料,論拠という意味の datumの複数形。コンピュータ用語として,情報を作成するために必要な資料の意味に使われる。コンピュータに入力する記号,数字,文字のことで,それ自体,単なる事実にすぎず,コンピュータにより,一定のプログラムに従って処理されて,特定の目的に役立つ情報を生む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

データ

既知の事項や判断材料.研究活動においては,調査や実験により得られ,考察の材料となる客観的な結果である.一方,情報処理システムの処理対象でもある.また,データは情報を生み出す材料とみなされることがあり,評価の加えられたデータを情報と定義し,データ,情報,知識という階層関係を強調する立場がある.データを情報といいかえても差し支えない場合も多く見られ,こうした関係付けの一般化には十分な根拠はないが,これにより潜在的な情報(データ)と実際に受容された情報とを便宜的に区別することができる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

データの関連キーワードオブジェクト指向データベースジオデモグラフィック・データメッセージダイジェスト関数ユニファイドメッセージングプッシュ (アルゴリズム)データフローダイアグラムパーチェイス・ヒストリーデータディクショナリーデータサイエンティストテーブルルックアップデータ復元ソフトトランザクションデータ消去ソフト完全バックアップデータエントリーmetadataアナログ入出力ポストアンブルクイックソートバーストモード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

データの関連情報