ビニル園芸(読み)ビニルえんげい

百科事典マイペディアの解説

ビニル園芸【ビニルえんげい】

ガラスの代りにビニルフィルムを使って,ビニルハウス温床,トンネルなどを簡単に作り,草花や野菜などを保護栽培する方法。第2次大戦後に始められた。耐久力は落ちるが,価格が低廉で取扱いも便利であるため,営業的にはもちろん,趣味的にも盛んに利用されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android