代り(読み)カワリ

デジタル大辞泉 「代り」の意味・読み・例文・類語

かわり〔かはり〕【代(わ)り/替(わ)り】

入れかわること。交替すること。また、そのもの。「前任者の―を探す」
ある役割を、他のものがすること。また、そのもの。
代理。身がわり。「父の―に出席する」
代用の品。「本をまくらの―にする」
ある事柄に相当して、ひきかえとなるもの。代償。「宿題をみてもらう―に肩たたきをする」
多く「おかわり」の形で)同じものをさらに飲み食いすること。また、そのもの。「酒のお―を頼む」
替わり狂言」の略。
[下接語]入り代わり入れ代わり代わりの代わり立ち代わり二の替わり(がわり)肩代わりかたみ替わり代わり代わりだい替わり台替わり月代わり手替わり出替わり年度替わり早替わり番替わり日替わり
[類語]代物別物代表代替代替わり代用代理代行身代わり肩代わり代わる代える入れ代わる成り代わる

がわり〔がはり〕【代(わ)り/替(わ)り】

[接尾]名詞「か(代)わり」の接尾語化》名詞に付いて、…の代わりになるもの、…の代用になるもの、の意を表す。「親―」「名刺―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android