ビントン サーフ(英語表記)Vinton Gray Cerf

現代外国人名録2012の解説

ビントン サーフ
Vinton Gray Cerf


国籍
米国

専門
実業家;コンピューター科学者

肩書
グーグル・インターネット・エバンゲリストチーフ

生年月日
1943/6/23

出生地
コネティカット州ニューヘブン

学歴
スタンフォード大学数学科〔1965年〕卒;カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院コンピューター科学科〔1969年〕修士課程修了

学位
工学博士(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

経歴
スタンフォード大学(教授)、米国国防総省高等研究開発局、MCIデジタル・インフォメーション・サービシーズに勤務。1982〜86年副社長。’94年〜2005年インターネットアーキテクチャー・技術担当の上席副社長。1998年米国航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の名誉研究員に就任、NASAと共同で惑星間を結ぶ高速インターネットの研究開発を進める。一方、’60年代後半からインターネットの基盤技術の通信プロトコル・TCP/IPの開発を手掛け、’77年3つの全く異なるネットをつなぐ実験に成功。ネット普及を目的とする非営利国際団体インターネット・ソサエティを設立し、’92〜95年初代代表、’99年会長を務める。2005年よりグーグルのインターネット・エバンゲリストチーフ。“インターネットの父”と呼ばれる。

受賞
自由勲章(米国大統領)〔2005年〕 C&C賞〔1996年〕;米国国家技術メダル〔1997年〕;日本国際賞(第24回)〔2008年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android