コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンナガマグロ

栄養・生化学辞典の解説

ビンナガマグロ

 [Thunnus alalunga].ビンナガともいう.サバ科の比較的小型のマグロ.50cmになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ビンナガマグロ

胸びれが(びん)のように長い小型のマグロ。ビンチョウトンボとも呼ばれる。多くはツナ缶などの材料にされる。脂の乗った「ビントロ」部分は生食用としての需要もあり、回転ずし店などでは人気のネタ。

(2013-01-19 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ビンナガマグロの関連キーワードホワイトミート村上 芳雄胸びれ鬢長

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビンナガマグロの関連情報