鬢長(読み)ビンチョウ

デジタル大辞泉の解説

びん‐ちょう〔‐チヤウ〕【×鬢長】

びんなが(鬢長)

びん‐なが【×鬢長】

サバ科の海水魚マグロの一種で、全長約1メートルと小形。胸びれが著しく長い。世界の温帯海に分布。主に缶詰の材料とされる。とんぼしび。びんながまぐろ。びんちょう。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びんなが【鬢長】

スズキ目の海魚。全長約1メートル。小形のマグロで、体は紡錘形。胸びれがいちじるしく長い。缶詰に加工。世界中の温帯海域に広く分布。ビンナガマグロ。トンボシビ。ビンチョウ。ヒレナガ。 → マグロ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鬢長 (ビンナガ)

学名:Thunnus alalunga
動物。サバ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びん‐ちょう ‥チャウ【鬢長】

びん‐なが【鬢長】

〘名〙 スズキ目サバ科の海産魚。小形のマグロで、体長一メートルくらいになる。胸びれが第二背びれの後端に達するほど長いところからの名。背方は青黒色で腹方は銀白色。世界の暖海に広く分布するが、日本海にはまれ。外洋表層魚。肉は赤みが少なく日本では喜ばれないが冷凍にして多量に輸出。和名ビンナガまたはビンナガマグロ。びんちょう。とんぼしび。かんたろう。《・冬》 〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android