ビー・バップ・ア・ルーラ

デジタル大辞泉プラスの解説

ビー・バップ・ア・ルーラ

アメリカのロカビリー・シンガー、ジーン・ヴィンセントの曲。1956年に発表したロカビリー・ソング。ヴィンセントとマネージャーのビル・デイビスがつくったもの。ロックンロールの古典的定番として、エルヴィス・プレスリーなど多くのミュージシャンがカバーした、「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第103位。原題《Be-Bop-A-Lula》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android