プレスリー(英語表記)Presley, Elvis

  • 1935―1977
  • Elvis Presley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1935.1.8. ミシシッピ,テューペロ
[没]1977.8.16. テネシー,メンフィス
アメリカを代表するロックンロール歌手。幼少期より南部の黒人音楽であるブルースに親しむ。トラックの運転手をしながら,自費でレコーディングしたものを,リズム・アンド・ブルース黒人のように歌える白人歌手を求めていたサン・レコードの社長に見出され,1954年にレコードデビュー。1954年に吹き込んだ『ザッツ・オール・ライト・ママ』がヒットして一躍有名になる。1955年 RCAレコードに移籍,1956年に発売された『ハートブレイク・ホテル』でロックンロールスタイルを確立。以後ロックロール流行の波に乗り,「ロックの王者」と呼ばれた。1956年『やさしく愛して』で映画デビュー。ヒット曲をからめた『ブルー・ハワイ』など数多くの作品に出演した。1960年代半ばに人気は下火となったが,1969年から再び歌と映画にカムバック。活躍が期待されたが,42歳の若さで急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1935~1977]米国の歌手。1950年代半ばに登場。カントリー調・ブルース調など多彩なロックンロールを、甘い美声で時に激しく歌い、「ハートブレーク‐ホテル」「ラブ‐ミー‐テンダー」など数多くの大ヒットを生んで、ロックの王様と称された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

米国のポピュラー歌手,映画俳優。ミシシッピ州生れ。幼いころから黒人音楽の影響下に育ち,カントリー・ミュージックリズム・アンド・ブルースをもとに,いわゆるロックンロール創始者の一人となった。《ザッツ・オール・ライト・ママ》でデビュー,《ハートブレーク・ホテル》でトップスターとなる。《ラブ・ミー・テンダー》(1956年)以来多くの映画に主演。戦後の米国の最大のスター。
→関連項目ビートルズメンフィスロカビリーロック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1935‐77
アメリカの大衆音楽が生んだ戦後最大のスター。南部黒人音楽の中心地メンフィスで貧しい白人労働者家庭に育ち,黒人のリズム・アンド・ブルースをまねて歌ったのが,ロックンロールの創始者の一人としての栄光につながった。1954年に初めてのレコード《ザッツ・オールライト・ママ》を録音した。それがきっかけで広く認められ,56年に《ハートブレーク・ホテルHeartbreak Hotel》の大ヒットを放ち,ロックンロールのブームを世界中に巻き起こした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1935~1977 アメリカのポピュラー音楽が生んだ戦後最大のスター。「ハートブレイクホテル」「ラブミーテンダー」などでロックンロールの創始者の一人とされ、映画にも出演した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカのポピュラー・ロック歌手、映画俳優。ミシシッピ州テュペロ生まれ。13歳のときテネシー州メンフィスに移り、同地の高校卒業後トラック運転手をしていたが、1954年サン・レコードに迎られ、カントリー歌手として注目され始めた。55年には全米的なヒットが出て大手のRCAレコードに移り、56年初め『ハートブレイク・ホテル』が大ヒットしてセンセーショナルな評判となり、ロックン・ロール歌手として一躍トップ・スターの座についた。同年『やさしく愛して』で映画にもデビュー。彼はロックを若者の文化として社会に定着させる基盤を築いた人で、ロックの王者と称されている。兵役を終えた60年からは間口を広げ、異色の個性をエンタテイナーとして発揮した。ラス・ベガスのホテルに出演したときの記録映画『エルビス・オン・ステージ』(1970)にその一面をみせている。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Elvis Presley エルビス━) アメリカのロックンロール歌手、映画俳優。「ハートブレイク‐ホテル」などの大ヒット曲でトップスターとなり、ロックの王様と称される。(一九三五‐七七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のプレスリーの言及

【ジャズ】より

…50年代半ばには,白人のカントリー・ミュージックと黒人のリズム・アンド・ブルースが合成されてロックンロールrock’n rollが生まれる。さらにカントリー歌手エルビス・プレスリーが,よりカントリーの要素を強めてロカビリーrockabilly(rockとhill‐billyの合成語。ヒルビリーはカントリー・ミュージックないしその泥臭いものをいう)をつくり出し,黒人世界よりもはるかに広い聴衆を獲得することになる。…

【ロック】より

…監督リチャード・ブルックス)に用いられたのがきっかけで,大ヒットとなった。 54年にはまた,エルビス・プレスリーも最初のレコードを出した。彼は当時,南部の黒人音楽の中心地メンフィス市で電気会社の運転手をしていたが,地元の小さなレコード会社から《ザッツ・オール・ライト・ママThat's All Right,Mama》を出した。…

※「プレスリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレスリーの関連情報