コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロ粘液酸 ピロねんえきさんpyromucic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロ粘液酸
ピロねんえきさん
pyromucic acid

焦性粘液酸,2-フランカルボン酸ともいう。長柱状晶。融点 133~134℃,昇華性。フルフラール酸化で得られる。脱炭酸によりフランを生成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のピロ粘液酸の言及

【粘液酸】より

…アンモニウム塩を加熱するとピロールが生成する。また,乾留により,2,5‐フランジカルボン酸を経て焦性粘液酸(2‐フランカルボン酸,ピロ粘液酸ともいう)を生ずる。焦性粘液酸は無色の板状または針状晶,融点133℃,沸点230~232℃,100℃で一部昇華する。…

※「ピロ粘液酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロ粘液酸の関連キーワード焦性粘液酸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android