コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイブ・ア・デイ ふぁいぶあでい Five A Day

1件 の用語解説(ファイブ・ア・デイの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ファイブ・ア・デイ

米国の国立がん研究所と民間の農作物健康増進基金が共同で策定した「生活習慣病を予防するために、1日5サービング以上の野菜や果物を摂取しよう」という運動。1991年に始まり、近年では欧州、南米、アジア諸国へも波及。1サービングとは生野菜類で1カツプ(=250ml)、調理済み野菜や豆類で1/2カツプ、中型の果物(リンゴ等)で1個など。サービング数は1日のカロリー必要量で異なる。2800kcal、2200kcal、1600kcalの人は、それぞれ5、4、3サービング。日本では、成人1日1人当たり350g以上の野菜摂取を推奨している。

(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファイブ・ア・デイの関連キーワード国立健康・栄養研究所文化財研究所奈良国立文化財研究所農作物ANLNIHNCI東京国立文化財研究所健康増進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファイブ・ア・デイの関連情報