波及(読み)はきゅう

精選版 日本国語大辞典「波及」の解説

は‐きゅう ‥キフ【波及】

〘名〙 がうつっていくように、だんだんと影響の及ぶ範囲が広がっていくこと。
※授業編(1783)四「読書を論ずるより波及(ハキウ)せる事にて」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉一三「の全国に波及するに至ては」 〔春秋左伝‐僖公二三年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「波及」の解説

は‐きゅう〔‐キフ〕【波及】

[名](スル)物事の影響が波のように徐々に広がること。「暴動が全国に波及する」
[類語]伝播伝染広がる広まる行き渡る流布るふ伝播でんぱ浸透弥漫びまん蔓延まんえん伸展発展はびこるのさばる流行猖獗しょうけつ跋扈ばっこ跳梁ちょうりょう横行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「波及」の解説

【波及】はきゆう(きふ)

波が遠く及ぶように、伝わってゆく。〔左伝、僖二十三年〕(公子重耳)對(こた)へて曰く、子女玉帛は則ち之れをせり。毛齒革は則ち君の地之れを生ず。其の晉國に波するは、君の餘りなり。其れ何を以てか君に報いんと。

字通「波」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android