コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイユームの肖像 ファイユームのしょうぞうFayyūm portraits

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイユームの肖像
ファイユームのしょうぞう
Fayyūm portraits

エジプトのファイユーム遺跡出土のミイラに描かれた彩画肖像。ギリシア,ローマの画家によってかかれた。フラビア時代から3世紀頃までの期間に限られていて,ろうを混入した顔料で彩画したのち,加熱して焼付ける特殊技法が使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファイユームの肖像の関連キーワードモンク(Meredith Monk)エンカウスティクエジプト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android