コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィチル基 フィチルきphytyl group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィチル基
フィチルき
phytyl group

クロロフィル分子の中の鎖状の疎水原子団。ビタミンEビタミンKの分子構造にも存在する。これらの分子が油溶性であるのはフィチル基がついていることに起因する。 (→フィトール )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android