コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロツナギ

海藻海草標本図鑑の解説

フクロツナギ

からだは円柱状だが規則正しく間隔を置いて強くくびれるため長楕円形から紡錘形の袋をつなげた赤ウィンナーのような形状となる。分枝はくびれからではなく 袋状になった節間部上部から不規則に出る。盤状付着器から単独または叢生する。くびれの部分を除いて中空になっており,横断切片では2〜3層の小型細胞か らなる皮層の内側に大型の細胞が1〜2層あるだけである。中空になった体内は粘性のある液体が充満している。手触りはスベスベとしており柔らかい。生体は 濃紅色〜紅褐色。押し葉標本は台紙につく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロツナギ
ふくろつなぎ
[学]Coelarthrum muelleri Boergesen

紅藻植物、ダルス科の海藻。赤紅色を呈する分枝体で、1本の主枝から対生的に側出する分枝を数多く出す。和名は、体枝が中空筒状の細い小袋をつないだような特異形であることによる。体長40センチメートル以内、太さ1センチメートル以内。本州中部域の深部に生育する希産種である。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android