コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分枝 ブンシ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐し【分枝】

[名](スル)植物が幹などから枝を分けること。枝分かれ。「葉の付け根から分枝する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんし【分枝】

( 名 ) スル
茎や幹から出た枝が何本かに分かれること。枝分かれ。 「上方で多数-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分枝
ぶんし

茎・根・葉脈などが分れすることを植物学上では分枝といい、分枝は二又分枝(二叉(にさ)分枝)と単軸分枝とに二大別することができる。二又分枝は、母軸の先端が二分してほぼ等しい勢いの枝を2本形成するもので、マツバラン、ヒカゲノカズラなどシダ植物の一部の茎や、イチョウおよび多くのシダ類の葉脈にみられるほか、ゼニゴケ、アミジグサなどのコケ類や藻類の葉状体にもみられる。二又分枝は原始的な分枝法であるが、ユリ科、サボテン科など原始的とは思われない分類群のなかにもまれにみられる。単軸分枝は、母軸の側方に1本ないしいくつかの枝を出すもので、この場合は主軸と側軸とが区別される。種子植物の茎および根では、ほとんどがこの方式で分枝し、とくに茎の場合は、葉腋(ようえき)すなわち葉の付け根のすぐ上のところに芽をつくって分枝するのが原則である。葉腋から分枝することを腋生分枝という。
 二又分枝と単軸分枝のそれぞれの変形として、二又性仮軸分枝と単軸性仮軸分枝がある。仮軸とは、複数の軸が連なって見かけ上1本の軸のようになったものをいい、仮軸を形成する分枝が仮軸分枝である。二又性仮軸分枝は、二又分枝で生じた二つの枝に極端な不等性が現れ、優勢の枝が母軸と連なって仮軸を形成するものである。単軸性仮軸分枝は、本来の主軸がなんらかの理由で成長をやめ、側枝がそれにかわる成長をして、見かけのうえで主軸の位置を占めるものである。主軸が成長をやめる理由としては、主軸が花または花序を形成することによる場合がもっとも普通であるが、これ以外の理由による場合も多い。
 分枝のもとになる分裂組織が母軸の表面に生じたか内部に生じたかによって、分枝を外生分枝と内生分枝とに分けることがある。外生分枝の場合は、母軸の最外層も含めてその付近の細胞から分裂組織が形成され、この組織の活動によって枝が突起するので、枝の表皮と母軸の表皮とは連続性を保っている。これに反して、内生分枝の場合は、母軸の内皮や内鞘(ないしょう)のような内部組織の細胞から分裂組織ができ、これが枝を形成するもととなるため、枝が表面に出るに際しては母軸の皮層と表皮を突き破ることとなり、母軸の表皮と枝の表皮は不連続となる。一般に、茎の分枝は外生分枝であり、根の分枝は内生分枝である。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の分枝の言及

【枝】より

…シダ植物や顕花植物の茎は枝分れをするが,1本の茎が分枝して2本以上の茎になるとそれを枝という。日常的には,樹木において1本の太い主茎つまり幹から分枝した枝やそれからさらに分枝した小枝のことを指す。…

※「分枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

分枝の関連キーワード分岐鎖アミノ酸アミノトランスフェラーゼ分枝アミノ酸アミノトランスフェラーゼ分岐鎖アミノ酸トランスアミナーゼメープルシロップ尿症(楓糖尿病)分岐鎖アミノ酸アミノ基転移酵素分枝アミノ酸トランスアミナーゼホスホリラーゼ限界デキストリン分岐シクロデキストリンフシミズカビ(節水黴)アミロペクチノーシスカエデシロップ尿症アサミドリシオグサ分枝2脂肪族アルコールアミロペクチン分岐鎖αケト酸分岐鎖アミノ酸イソアミラーゼイソロイシンデキストラン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分枝の関連情報