コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーエージェント ふりーえーじぇんとfree agent

翻訳|free agent

知恵蔵の解説

フリーエージェント

どの球団とも加入契約を結べる自由な立場にある選手。日本では1993年からFA制度を採用。98年に改定された現行制度では、1軍登録された年(1年=150日以上)が9年以上の選手を対象とし、新球団には、人的補償1選手と旧年俸の80%の金銭補償か、旧年俸の1.2倍の金銭補償が義務付けられ、新年俸は前年度を超えないという制限がある。再FA資格取得は4年後。有資格選手は日本シリーズ終了後7日間以内にコミッショナー事務局に届け出、その後、翌年の1月31日までいずれの球団とも交渉することができる。1月31日まで全球団と交渉し、契約不成立の場合は自由契約選手扱いになる。基本的には、FA選手の獲得は(1球団当たり)年に2人まで。米大リーグにFAが誕生したのは75年。資格は6年間(1季=162試合)メジャーでプレーした選手で、再資格はその5年後。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

フリー‐エージェント(free agent)

プロスポーツ、特にプロ野球で、所属球団から選手契約を無条件で解除された選手。自由契約選手。
プロスポーツ、特にプロ野球で、一定期間の試合経験を積み、どの球団とも自由に契約する権利を獲得した選手。FA。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フリーエージェント【free agent】

スポーツで、所属チームとの契約を解消し、どのチームとも自由に契約を結ぶことができる選手。自由契約選手。
プロ野球などで、在籍期間などの一定の条件を充たし、の権利を得た選手。 FA 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フリーエージェントの関連キーワードホフマン(Trevor William Hoffman)フリーエージェント制度[プロ野球]ポスティング(入札)システムケント(Jeff Kent)ドラフト制度[プロ野球]アレックス・ロドリゲス新ポスティングシステムブライアン バニスタードワイト フリーニーフロリダ・マーリンズスティーブ・ナッシュマイアミ・マーリンズホセ コントレラスレジー ジャクソン日本プロ野球選手会スタインブレナーダニエル ピンクガルシアパーラポスティング佐々木主浩

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーエージェントの関連情報