コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレーザー層理 フレーザーそうりflaser bedding

1件 の用語解説(フレーザー層理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

フレーザー層理

砂の中の漣波の溝で,上向きに凹型の傾向をもつ弓型の泥質のレンズ.単純なフレーザー層理では,泥のフレーザーが互いに完全に分離している.分岐したフレーザー層理では,泥質フレーザーは単純なフレーザー層理として分離しているが,各フレーザーは初期に形成され部分的に浸食されたフレーザーと接触した状態となり,後に形成されたフレーザーによって二個に分裂する傾向がある[Reineck & Wundelich : 1968].多くは斜交葉理をもつレンズ状の細粒砂からシルトが,より細粒の泥質堆積物中に夾在して作る構造.レンズ状層理に比べて砂の量比が大きい.[地学団体研究会編 : 1996].ドイツ語のflaserは木目,石目で条線やレンズ状の意味.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone