コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条線 ジョウセン

大辞林 第三版の解説

じょうせん【条線】

結晶面にみられる、晶帯に平行な多数の線模様。
断層や氷河などによって基盤岩の表面や礫れきにつけられた直線状の擦り傷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

条線の関連キーワードヒステロジェネテイック・シュリーレンエリューサーモルフォストリーキィ組織カラカサケイソウ(唐傘ケイ藻)タテジマイソギンチャクプロッド・マーク貫入シュリーレンピペルノイド組織スナガニ(砂蟹)フレーザー輝緑岩シュリーレン熔岩構造シュリーレン機械的条線組織マメハンミョウアオカナヘビダマスカスのスピリファー条線キャストスリコライトタカネスミレ線状流動構造

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android