コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンブオン Hung Vuong

世界大百科事典 第2版の解説

フンブオン【Hung Vuong】

ベトナム神話の原初国家バンラン(文郎)の第18王の称号。15世紀の《大越史記全書》等によると,中国帝の異母弟のキンズオン(涇陽)王が洞庭君の娘と接してラクロンクアン(貉竜君)を生み,君は山性のアウコ(嫗姫)との間に100の卵を生み,その一つから初代フンブオンが出た。フンブオンは山と水,中国とベトナムという二重の対立調停者としてバンラン国を興し,また代々維持したが,18代フンブオンがこの対立を激化させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android