コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大越史記全書 だいえつしきぜんしょDa Yue Shi-ji Quan-shu; Dai Viêt Suky Toan Thu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大越史記全書
だいえつしきぜんしょ
Da Yue Shi-ji Quan-shu; Dai Viêt Suky Toan Thu

ベトナムの編年体の正史。 15巻。呉士連 (ゴ・シ・リエン) の編纂。 1479年完成。黎朝の第4代皇帝聖宗の命により,以前からある黎文休編および潘孚先編の『大越史記』両書を基にしてこれに大改変を加えたもの。外記全書 (5巻) と本紀全書 (10巻) から成り,明の支配終末 (1427) までを扱っている。その後,編者不明の『本紀実録』 (6巻) があり,さらに范公著は『本紀続編』 (3巻) を編纂し,以上の 24巻を『大越史記全書』として印刷した。これは黎朝神宗まで (1662) を扱っている。さらにこののち黎僖によって『本紀続編』 (追加1巻,75年までを扱う) が編纂された。こうして引田利章が 1885年に出版した通行本『大越史記全書』は 25巻本となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいえつしきぜんしょ【大越史記全書 Dai Viet Su Ky Toan Thu】

漢文で書かれた編年体のベトナムの正史。はじめレ(黎)朝の史官ゴ・シ・リエンNgo Si Lien(呉士連)がチャン(陳)朝のレ・バン・フー(黎文休)編《大越史記》(1272)とレ朝のファン・フー・ティエン(潘孚先)編《大越史記続編》(1445)を書き改め,編目を新たにして中国から独立するまでを外紀全書5巻,ディン(丁)朝からレ朝成立までを本紀全書10巻として自撰し(1479),この書名でレ朝聖宗に上進した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大越史記全書
だいえつしきぜんしょ

漢文で書かれた編年体のベトナムの正史。1479年黎(れい)朝(レ朝)聖宗の史臣呉士連(ゴ・シーリエン)が黎文休(レ・バンフウ)編『大越史記』および潘孚先(ファン・フーティエン)の『大越史記続編』を改訂して『大越史記全書』を自撰(じせん)し、聖宗に上進して、正史として伝えられた「外紀全書」5巻、「本紀全書」9巻をもとに、後世書き継がれた黎朝における修史事業の累積をさす。呉士連の「全書」は建国説話から15世紀の中国、明(みん)の支配の終末までを扱っているが、その後、編者・撰年ともに不明の『本紀実録』6巻によって黎朝前半期までが編述され、1665年に范公著(はんこうちょ)(ファム・コンチュー)が『本紀続編』3巻を続修してそのあと黎朝の神宗の世までを述べ、さらに1697年に黎僖(れいき)(レ・ヒイ)がこれらを考訂し、玄宗と嘉宗(かそう)の時代を『本紀続編』1巻として追加したのち、以上の24巻が『大越史記全書』として板刻された。[川本邦衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大越史記全書の関連キーワード欽定越史通鑑綱目ベトナム文学越史通鑑綱目大南国史演歌フンブオン川本邦衛丁朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android