建国(読み)けんこく

精選版 日本国語大辞典「建国」の解説

けん‐こく【建国】

〘名〙 新しく国をてること。初めて一国の基礎をたてること。
※続日本紀‐天平二年(730)三月辛卯「大宰府言、大隅薩摩両国百姓、建国以来、未曾班一レ田」 〔周礼‐天冢宰

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「建国」の解説

【建国】けんこく

国家を創る。〔周礼、天官、冢宰〕(こ)れ王、國をて、方を辨(わか)ち位を正し、國を體(わか)ち野を經し、官を設けち、以て民極と爲す。

字通「建」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android