称号(読み)しょうごう

精選版 日本国語大辞典「称号」の解説

しょう‐ごう ‥ガウ【称号】

〘名〙
① そのものを呼ぶ名。称呼。となえ。名称。
※太平記(14C後)一三「諸国の御家人の称号(セウガウ)は、頼朝卿の時より有って、已に年久しき武名なるを」
※史記抄(1477)一〇「同一種族であるが時代によって、称号が換るぞ」 〔漢書‐厳安伝〕
② 身分、資格などを表わす名称。肩書。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「法皇これを悦びチャーレマンに帝位の冠を着け羅馬帝の称号を付与せり」
③ 苗字(みょうじ)。氏名(うじな)
※随筆・塩尻(1698‐1733頃)八「其裔上杉憲政越後にのかれて長尾平三景虎に上杉の称号をゆづりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「称号」の解説

しょう‐ごう〔‐ガウ〕【称号】

呼び名。特に、身分・資格などを表す呼び名。「人間国宝の称号を贈られる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android