コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラティアヌ家 ブラティアヌけBrǎtianu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラティアヌ家
ブラティアヌけ
Brǎtianu

ルーマニアの近・現代史に重要な役割を果した自由党の指導者一家。
(1) イオン  Ion   1821.6.2. ピレシュチ~1891.5.16. フロリカ 
1848年革命参加後パリに亡命。 68,76~88年に首相となった。
(2) ヨネル  Ionel   1864.8.20. フロリカ~1927.11.24. ブカレスト 
イオンの長男。 1909~11,14~18,22~26年首相をつとめ,親仏政策を推進。
(3) コンスタンティン  Constantin   1866.1.13. フロリカ~1952? 
イオンの次男。ディヌとも呼ばれた。 33~34年蔵相,34~37年自由党党首となり,44年8月のクーデター計画に参加,サナテスク内閣に加わったが,共産党の支配権確立とともに拘禁された。
(4) ビンティラ  Vintilǎ   1867.9.28. フロリカ~1930.12.22. ミハエシュチ 
イオンの3男。 22~26年蔵相,27~28年首相となり,長兄の死後自由党党首をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブラティアヌ家の関連キーワードフェルディナント1世[ルーマニア王]コンスタンティン ブラティアヌコンスタンティンブラティアヌ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android