コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラフマーンダ ブラフマーンダbrahmāṇḍa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラフマーンダ
brahmāṇḍa

インド思想に関する術語。 (1) ブラフマーの卵の意で,全宇宙を意味する。 (2) ラーダースバーミー派で説く世界の3層の一つ。精神的,物質的層で,聖典における主が支配する。 (3) 書物の名。『ブラフマーンダ・プラーナ』の略で,プラーナ聖典の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のブラフマーンダの言及

【梵卵】より

…サンスクリットの〈ブラフマーンダbrahmāṇḍa〉の訳。〈ブラフマー神(梵天)の卵〉の意味で,ヒンドゥー教において,宇宙開闢(かいびやく)の根源である最高存在とされるものの一つ。…

※「ブラフマーンダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラフマーンダの関連キーワード梵卵

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android