術語(読み)じゅつご

精選版 日本国語大辞典「術語」の解説

じゅつ‐ご【術語】

〘名〙 (technical term の訳語)
① 学問や技術の専門分野で、特に定義して使用する語。専門語。学術語。テクニカル‐ターム。
※具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉原序「学問上の順序を追ひ又術語を録したれども」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「なに、何でもいい、法律上の術語(ジュツゴ)だから」
② 特殊な社会だけで使用される語。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二五「『チャブタラ、スカタン』などの術語(ジュツゴ)を善し、巻煙草を咥へ、骨牌を弄し」
[語誌]「教育、心理、論理術語詳解」(一八八五)は、その書名に初めて「術語」を用いた。但し明治二〇年代の学術用語集は、「━字彙」という書名が多く、「術語」が一般に使用されるようになったのは、明治後期からである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android