コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュージュのノートルダム教会 ブリュージュのノートルダムきょうかい

1件 の用語解説(ブリュージュのノートルダム教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブリュージュのノートルダムきょうかい【ブリュージュのノートルダム教会】

ベルギー北西部、ウェストフランデレン州の州都ブリュージュの旧市街にある教会。13~15世紀にかけて建造された、高さ122mのレンガ造りの塔がある建物で、20を超える旧市街の教会を代表する教会である。◇ノートルダム教会はパリのほか、ベルギー国内でもアントワープなど各地にあるが、聖母マリアに捧げる教会を指す。この教会内部には、ルネサンス期のイタリアの巨匠ミケランジェロ(Michelangelo Buonarroti)の「聖母子像」、フランドル派の画家ヤン・ファン・エイク(Jan Van Eyck)の「十字架上のキリスト」などの名品があるほか、ブルゴーニュ公国最後の君主マリー・ド・ブルゴーニュ(Marie de Bourgougne、1457~1482年)の墓がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュージュのノートルダム教会の関連キーワードベルギーウエストファリアグラスレイコーレンマルクトコーレンレイジンメルの塔ネアンデルタールノルトラインウェストファーレンブルッヘフロイデンベルク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone