コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーリッジ級揚陸戦指揮艦 ブルーリッジきゅうようりくせんしきかんBlue Ridge class amphibious command ships

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーリッジ級揚陸戦指揮艦
ブルーリッジきゅうようりくせんしきかん
Blue Ridge class amphibious command ships

アメリカ海軍が揚陸作戦に際しての陸海空にわたる指揮・管制・通信を行うために建造した艦艇。『ブルーリッジ』と『マウント・ホイットニー』の2隻がある。『ブルーリッジ』はその通信能力を買われ 1980年度からアメリカ第7艦隊の旗艦となっている。上甲板は艦橋以外は平坦で,広い甲板には各種アンテナとマストが設置されている。電子機器としては,戦術航空機航法装置 (タカン) ,海軍戦術データ・システム (NTDS) ,揚陸指揮情報システム (ACIS) ,海軍情報処理システム (NIPS) をはじめ,各種レーダ,衛星通信装置,ECM装置を備えている。乗員は 821人のほかに旗艦司令部要員 190人。『ブルーリッジ』は 1970年竣工,『マウント・ホイットニー』は 71年竣工。主要目は,基準排水量1万 6790t,全長 194m,最大速力 23kn,シースパロー発射機2,3インチ連装砲2,20mmバルカン機関砲2。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブルーリッジ級揚陸戦指揮艦の関連キーワード在日アメリカ軍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android