旗艦(読み)きかん(英語表記)flagship

翻訳|flagship

日本大百科全書(ニッポニカ)「旗艦」の解説

旗艦
きかん
flagship

艦隊または戦隊指揮官幕僚とともに乗船する軍艦階級を表す将によってその所在が示される。指揮・情報管理の中枢となるため、必要な設備を強化しているのが通例。近代海戦は、艦艇が各個に相手艦と戦う海上の白兵戦から、艦隊を一つの指揮の下に統制しつつ戦闘する方向へ転じたため、旗艦の任務は重要になった。第二次世界大戦までは快速の巡洋艦・戦艦がその任務にあたったが、最近の旗艦には電子戦に対応できる指揮・統制・通信・コンピュータシステム(C4Iシステム)を駆使できる艦が選ばれるようになった。世界最大のアメリカ第7艦隊は指揮中継艦ブルーリッジを旗艦とし、横須賀に母港を置いている。

前田哲男

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「旗艦」の解説

旗艦
きかん
flagship

艦隊または戦隊の司令長官または司令官乗し,司令部が設置される軍艦。指揮官の階級を示す旗章を掲げるところからこの名がある。ただし,小型艦で編成される駆逐隊などの場合は,司令の座乗する軍艦は司令駆逐艦などといい,旗艦とは呼ばない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「旗艦」の解説

き‐かん【旗艦】

〘名〙 (マストに指揮官の官階相当の旗をかかげるところから) 艦隊の司令長官・司令官と幕僚の乗っている船。
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉波濤「突然艦長は旗艦(キカン)より帰りぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旗艦」の解説

き‐かん【旗艦】

艦隊の司令長官・司令官が乗って指揮をとる軍艦。マストにその司令官の階級に応じた旗を掲げる。フラッグシップ
(自社製品中の)最高級品。また、系列店中の主力店。本店。フラッグシップ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android