コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレムセブルーの和議 ブレムセブルーのわぎ

世界大百科事典 第2版の解説

ブレムセブルーのわぎ【ブレムセブルーの和議】

三十年戦争のさなか,トルステンソンLennart Torstensson(1603‐51)率いるスウェーデン軍が,ユトランド半島に侵入してこれを席巻した後,1645年にデンマーククリスティアン4世とデンマーク・スウェーデン国境の町ブレムセブルーBrömsebro(現,スウェーデン領)で結んだ和議。その結果スウェーデンは,デンマークがバルト海,北海の航行船舶から徴収していた〈海峡税〉を免れ,ハッランド,イェムトランド,バルト海上のゴトランド島,エーゼル島を獲得し,バルト帝国の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレムセブルーの和議の関連キーワードハンザ同盟都市ヴィスビュークリスティアン[4世]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android