コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブローカート ぶろーかーとblokart

知恵蔵の解説

ブローカート

三輪車にを張り風を利用して、陸上を走るセーリングスポーツ。2000年にニュージーランドで誕生し、数年前に日本にも上陸。操作はハンドルとセールの張り具合などを調整するロープで行う。手だけで操作できるため、子供から大人、さらに足が不自由な人でも楽しめる。スピードは風次第だが、優に時速30kmに達する。日本最高は時速74.7kmを記録している。折り畳むと120cmほどに収まり車に積んで持ち運べるため、砂浜だけでなく運動場などでも楽しむことができる。現在では、コースの周回の速さを競うレースも開催されている。日本では「日本ブローカート協会」が中心になって、体験レッスン会や講習会を開催し普及活動を行っている。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブローカート(blokart)

ヨットのように帆を張った、小型の三輪車。また、それを用いたスポーツ。主に砂浜で走らせる。全高約4メートルの帆に風を受け、ハンドルとロープで操作する。ランドヨット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android