コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブービヤーン島 ブービヤーンとうBūbiyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブービヤーン島
ブービヤーンとう
Būbiyān

ペルシア湾奥,クウェート湾北岸の沖合い,シャットルアラブ川三角州の西南に隣接する島。クウェート領で,南北約 40km,東西約 30kmの島。南東海岸に,1902年に建造されたトルコの城塞跡がある。無人島であるが,夏には沿岸漁業行われる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone