コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東西 トウザイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざい【東西】

[名]
東と西。また、その方向。「東西に走る道路」
東洋と西洋、関東と関西、東側諸国と西側諸国などの意。「東西の文化」「洋の東西を問わない」「古今東西
世間。また、世間の事柄や事情。「東西もわきまえない青二才」
《東や西の意から》あちこち。方々。
「何を見るぞと思ひて、―を見廻らせば」〈今昔・二八・七〉
[感]東西東西」に同じ。
「『―、黙って』と笑顔をお千世に向けて」〈鏡花・日本橋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

東西

日本では東と西方角中国では物、物事意味でもよく使う。「買東西」とは、買い物。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

とうざい【東西】

( 名 )
東と西。また、東洋と西洋、東側諸国と西側諸国、関東と関西など。 ⇔ 南北 「川は町の中央を-に流れている」 「人の気持ちは洋の-を問わない」 「古今-」
方角。転じて、世間の事柄。 → 東西を失う東西を弁ぜず
もと中国の俗語で、物品または金銭の称。
東や西。四方。あちこち。 「 -に鞭をあげ、駒をはやめて行く程に/平家 9」 「ただ袖をとらへて-せさせず乞ひ取りて持てこ/枕草子 82
( 感 )
東西東西」に同じ。 「 -!お目通に控へさせましたるは、当座の太夫元滝の白糸に御座りまする/義血俠血 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東西の関連キーワードカンタブリア[山脈]カーリーバンガンレッド・フォートプエルトリコ海溝サータバーハナ朝城北公園通りナフード砂漠指数サイクル東西を弁ぜず咽喉を扼する曽根崎通り上京会寧府乱り脚の気みなと通り南亭葉々広伊勢佐木町大和川通り桑原隲蔵篠山盆地古今東西

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東西の関連情報