コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東西 トウザイ

3件 の用語解説(東西の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざい【東西】

[名]
東と西。また、その方向。「東西に走る道路」
東洋と西洋、関東と関西、東側諸国と西側諸国などの意。「東西の文化」「洋の東西を問わない」「古今東西
世間。また、世間の事柄や事情。「東西もわきまえない青二才」
《東や西の意から》あちこち。方々。
「何を見るぞと思ひて、―を見廻らせば」〈今昔・二八・七〉
[感]東西東西」に同じ。
「『―、黙って』と笑顔をお千世に向けて」〈鏡花日本橋

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうざい【東西】

( 名 )
東と西。また、東洋と西洋、東側諸国と西側諸国、関東と関西など。 ↔ 南北 「川は町の中央を-に流れている」 「人の気持ちは洋の-を問わない」 「古今-」
方角。転じて、世間の事柄。 → 東西を失う東西を弁ぜず
もと中国の俗語で、物品または金銭の称。
東や西。四方。あちこち。 「 -に鞭をあげ、駒をはやめて行く程に/平家 9」 「ただ袖をとらへて-せさせず乞ひ取りて持てこ/枕草子 82
( 感 )
東西東西 」に同じ。 「 -!お目通に控へさせましたるは、当座の太夫元滝の白糸に御座りまする/義血俠血 鏡花

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東西の関連情報