コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西南 セイナン

デジタル大辞泉の解説

せい‐なん【西南】

西と南との中間方角南西。にしみなみ。

にし‐みなみ【西南】

西と南の中間にあたる方角。せいなん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいなん【西南】

西と南との中間の方角。にしみなみ。南西。坤ひつじさる。 ↔ 東北

にしみなみ【西南】

西と南の中間の方角。せいなん。西南。坤ひつじさる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西南
せいなん / シーナン

中国南西部の地区名。四川(しせん/スーチョワン)、雲南(うんなん/ユンナン)、貴州(きしゅう/コイチョウ)の3省とチベット自治区を含む。地形的には四川盆地、雲貴高原ならびに青蔵高原の一部の川蔵高山峡谷、蔵北高原(チャンタン高原)、蔵南谷地からなる。四川盆地は四川省の東半を占め、平均標高500メートル、「天府之国」とよばれるように地味肥沃(ひよく)な農業地帯を形成し、三国の蜀(しょく)のようにその豊富な物産に依拠した地方政権成立の基盤となった。雲貴高原は貴州全省と雲南省東半を中心とするカルスト高原で、平均標高1000~2000メートル、無数の小盆地からなり、古来さまざまな少数民族の割拠する地域であった。川蔵高山峡谷は四川省西部、チベット自治区東部、雲南省北西部にまたがり、標高は3000~4500メートル、南北に走る高峻(こうしゅん)な山脈間に、瀾滄江(らんそうこう/ランツァンチヤン)、怒江(どこう/ヌーチヤン)、金沙江(きんさこう/チンシャーチヤン)、雅(がろうこう/ヤーロンチヤン)が深い峡谷を刻み、谷壁に広がる森林によって林産資源に富む。チベット自治区北西部の蔵北高原は青蔵高原の中心をなし、平均標高4500メートル、寒冷で乾燥した気候をもち、塩湖、沼沢が多い。チベット自治区南部の蔵南谷地は標高3000~4000メートル、ヤルンズアンボ江が東西に貫流し、自治区内の主要な農牧地帯である。
 本地域は比較的低緯度にあるが、標高が高いため、チベット自治区の大部分を除くと、わりあい温和で湿潤な気候を示す。とくに雲南省東半部は常春の国とよばれ、寒暑の差が少ない。農業も熱帯、亜熱帯の作物の栽培が可能で、雲南省は全国第3位、四川省は全国第7位のサトウキビの産地(1995)である。また雲南省は全国第1位、貴州省は全国第2位のタバコ産地である。植生は照葉樹の生育が多い。四川省の石炭、石油、天然ガス、鉄、貴州省の水銀、石炭、雲南省の銅、錫(すず)、チベット自治区の天然ソーダなど地下資源は豊富で、巨大な包蔵水力とともに、将来本地域の科学的解明が進み、その資源が十分開発されれば、本地域は面目を一新するであろう。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西南の関連キーワード人斬り半次郎/賊将編グリーンタフ地域西南学院高等学校西南女学院大学西南ドイツ学派チベット自治区町田 梅之進バーデン学派マレー糸状虫西南学院大学西南役伝説森川 和子富士火山帯四国地方西アジア川村純義ナウマン西南日本先島諸島紀尾井坂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西南の関連情報