コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プッシュプル増幅器 プッシュプルぞうふくきpush‐pull amplifier

世界大百科事典 第2版の解説

プッシュプルぞうふくき【プッシュプル増幅器 push‐pull amplifier】

電力増幅器の一形式。正負の入力信号に対して2個の出力トランジスターが対称に動作する。出力波形が正負対称になるため偶数次高調波ひずみがなく,高忠実度の出力が得られる。無信号時の直流入力電流に応じて,A級,AB級,B級,C級にわかれる。A級,AB級,B級はオーディオ増幅器で用いられ,C級は無線周波の電力増幅器に用いられる。従来の同じトランジスターを用いたプッシュプル回路では出力を合成するために出力トランスが必要であった(図1)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プッシュプル増幅器の関連キーワードコンプリメンタリ回路

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android