コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線周波 むせんしゅうはradio frequency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無線周波
むせんしゅうは
radio frequency

主として無線通信に使われる周波数範囲の電波。普通 10kHzから十数 GHz (ギガヘルツ) の範囲のものをいうが,場合によってはもっと広い範囲をさすこともある。通信における混乱を防ぐため,無線周波に含まれる各周波数の電波の用途は,国際的な取決めによって細かく規定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むせん‐しゅうは〔‐シウハ〕【無線周波】

電波

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

無線周波の関連キーワードアドホックネットワーク周波数分割多重方式プッシュプル増幅器シティズンバンド周波数変換高周波増幅周波数割当自動車電話可聴周波数RFIDミキサー船舶電話多重通信バンド発振器導波管搬送波AGC空電rf

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無線周波の関連情報