コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プライベートアドレス プライベート アドレス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プライベートアドレス

社内LANや家庭内LANなど、インターネットとダイレクトに接続していないネットワーク内だけで使うIPアドレスのこと。インターネット上の通信は、重複のない世界固有のグローバルアドレス(グローバル・IPアドレス)を使用する必要がある。インターネットが今ほど普及していない頃は、インターネットに接続するすべての機器にグローバルアドレスを割り当てていたが、企業や家庭内LANが普及すると、グローバルアドレスが足りなくなった。そのため、最近では、社内や家庭内のネットワークでは、グローバルアドレスはネットワークに1つだけ割り当てられる方式が一般的。個々のコンピューターや通信機器ではプライベートアドレスを利用し、インターネットにアクセスするときだけ、グローバルアドレスに変換されるようになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

プライベートアドレス【private address】

企業や家庭内LANなどの外部からは利用できないネットワークに接続された、コンピューターや機器を識別するための番号。インターネットに接続するためには、グローバルアドレスという一意的に割り当てられたIPアドレスを必要とする。そのためIPマスカレードNAPT)、NAT(ナット)、プロキシーなどを介することにより、IPアドレスの相互変換を行う。◇「プライベートIPアドレス」「ローカルアドレス」「ローカルIPアドレス」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

プライベートアドレスの関連キーワードUniversal Plug&PlayPPPoE Unnumberedリンクローカルアドレス静的IPマスカレードパケットフィルターモバイルルーターアドレス変換IPsecカプセル化ルーター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android