外部(読み)がいぶ

精選版 日本国語大辞典「外部」の解説

がい‐ぶ グヮイ‥【外部】

〘名〙
① 物の外側。外から見える部分。外面。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈総生寛〉一五「外部(グヮイブ)と言ふなァ外の方の事(こっ)た」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「意味も無い外部の美、それを内部のと混同して」
② その組織に属さない範囲。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一〇「斯く諸侯及び人民が外部より徳川政府に向ひて抵抗せんと欲するの望すべて消失するに及びて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「外部」の解説

外部
がいぶ
exterior

集合 A の補集合の内部のこと。点 pA の外部にあるとは,p の十分小さな近傍 V をとると VA と交わらないことを意味する。 (→外点 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android