外部(読み)ガイブ

デジタル大辞泉 「外部」の意味・読み・例文・類語

がい‐ぶ〔グワイ‐〕【外部】

物の外側。外から見えるところ。「外部損傷」⇔内部
その組織関係のない人。部外者。「外部に秘密を漏らす」⇔内部
[類語]外側外方外界域外圏外枠外埒外

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「外部」の意味・読み・例文・類語

がい‐ぶグヮイ‥【外部】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 物の外側。外から見える部分外面
    1. [初出の実例]「外部(グヮイブ)と言ふなァ外の方の事(こっ)た」(出典西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈総生寛〉一五)
    2. 「意味も無い外部の美、それを内部のと混同して」(出典:浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三)
  3. その組織に属さない範囲
    1. [初出の実例]「斯く諸侯及び人民が外部より徳川政府に向ひて抵抗せんと欲するの望すべて消失するに及びて」(出典:日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「外部」の意味・わかりやすい解説

外部
がいぶ
exterior

集合 A補集合の内部のこと。点 pA の外部にあるとは,p十分小さな近傍 V をとると VA と交わらないことを意味する。 (→外点 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android