コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスティネーション plastination

デジタル大辞泉の解説

プラスティネーション(plastination)

解剖標本を加工するために、ドイツのG=v=ハーゲンス博士が1977年に開発した技術。解剖標本の中から水分を取り除き、プラスチックの樹脂に置換して固める。スライスになった切片標本、または遺体そのままの形の実形標本ができる。従来の標本はアルコールづけであったが、空気中で保管でき扱いやすい。組織置換標本

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラスティネーションの関連情報