置換(読み)ちかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

置換

文書の中で、文字を別のものに置き換える機能。特定の文字を、指定した文字に置き換える場合に利用する。グラフィックスソフトにおいて、特定の図形を別のものに置き換えることを指す場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

置換

選択したデータを別のデータに置き換えることです。ワープロなどの文字を扱うソフトでは、文書内のすべての「A」を自動で「B」に置き換える用途に使います。ひとつずつ確認しながら置換することも、確認なしですべてを一度に置換することも可能です。
⇨検索

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

百科事典マイペディアの解説

置換【ちかん】

化合物のある位置を占めている原子や原子団を,他の原子や原子団で置き換える反応。芳香族化合物の核の水素原子を置換する場合(芳香族置換または核置換)には,すでに存在する側鎖の性質・位置等によってその置換位置が左右される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちかん【置換 substitution】

一般に,化合物分子に含まれる原子または原子団が他の原子または原子団に置き換えられる反応。置換反応とも呼ばれる。置換には求核置換反応nucleophilic substitution(略称SN)と求電子置換反応electrophilic substitution(略称SE)の2種類がある。前者SNは求核試薬nucleophile(N)が置換されやすい原子または原子団(X)をもつ分子(M-X)を攻撃して,Xを追い出す反応をいう(式(1))。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちかん【置換】

( 名 ) スル
置き換えること。
〘数〙 相異なる n 個のものの順列を、他の順列に移す操作。また、一般に一つの集合 M から M 自身の上への一対一の写像のこと。
〘化〙 ある化合物の原子または原子団を、他の原子または原子団で置き換えること。また、その反応。置換反応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

置換
ちかん
permutation; substitution

相異なる n 個の対象の並び方を新しい順序に並べ換えること。 n 個の対象の集りを1つの有限集合と考えれば,置換とは,この集合をそれ自身の上へ写す一対一の変換ということもできる。一般に n 個の p:1→a1p:2→a2,…,pnann 個の数字の順列として表わし,これを任意の別の順列 a1a2an に置き換える置換を
で表わす。この記法では,縦の並び方を変えないかぎり,列をどのように変えても,同じ p を与える。さらにほかの1つの置換
を考えて,2つの置換 pq の積を
と定義する。また次の置換
は,任意の置換 p に対して peepp を満たすから恒等 (単位) 置換と呼ばれ,置き換えをしない置換である。置換
は,pp-1p-1pe であるから,p逆置換と呼ばれる。

置換
ちかん

置換反応」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

置換
ちかん
permutation

Mnを数字1、2、……、nのなす集合とし、SnでもってMnからMnへの一対一写像のなす集合を表すことにする。写像の合成を積とすることによってSnは群をなす。これをn次の対称群という。対称群の部分群を置換群と称する。σをSnの要素とするとσを視覚的に

と表す。上段の数字の像が下段の数字であるから、上段の数字の並び方は大きさ順でなくてもよい。つまり

である。
 この事実を用いる積の計算法を述べておく。
 σ、τをSnの二要素とする。

なお、置換群において単位元eは恒等置換

であり、σの逆元σ-1

である。σσ-1-1σ=eは上記計算法によって確かめられる。[足立恒雄]

巡回置換

i1をi2に、i2をi3に、……、ikをi1に写し、他の数字を動かさない置換を(i1i2……ik)と記す。この種の置換を巡回置換という。すべての置換は巡回置換の積として表せる。[足立恒雄]

互換

(ij)という形の巡回置換を互換という。(i1i2……ik)=(ik-1ik)……(i2ik)(i1ik)であるから、すべての置換は互換の積として表せることになる。偶数個の互換の積として表せる置換を偶置換、奇数個の互換の積として表せる置換を奇置換という。Snのすべての偶置換からなる置換群はn次交代群とよばれる。[足立恒雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の置換の言及

【昇華】より

…精神分析の説く本能衝動はひじょうに可塑的であって,本来の対象および手段とは別な対象および手段によってもある程度満足させることができる。たとえば失恋におわった初恋の人への慕情をその人とどこか似ている別の人に向ける場合のように,抑圧された衝動を別の対象に向けるのが〈置換え(転位)displacement〉という防衛機制であるが,昇華は〈置換え〉の特殊な例であって,性的衝動とくに前性器的倒錯的衝動を芸術活動や知的活動など社会的に価値のあるものに向けることをいう。性的なものを性的でないものに変えるわけだから,昇華は〈脱(非)性化desexualization〉とも呼ばれる。…

【船舶トン数】より

…両運河の通航料はこの運河トン数で定められるため,これらの運河を通航する可能性のある船はあらかじめ建造時に運河トン数を算定し,運河トン数証書を得ておく場合が多い。(4)排水量displacement 水に浮いた物体の重量は排除した水の重量に等しいから,排水容積(船体の水面下の容積)に水または海水の比重を掛けたものは船の総重量であり,これを排水量という。排水量の大きさは船の速度,馬力,燃料消費量をはじめいろいろの航海性能に影響を及ぼし,貨物を積めば排水量は増し,船内の水や燃料を消費すれば排水量は減少する。…

【防衛機制】より

…たとえば父親への憎悪を抑圧した息子が意識的には父親に過大な愛情を抱き,父親のために過度に献身的に尽くしたり,けちな人が過度に気前よくふるまったりする場合。抑圧された感情や衝動を本来の対象とは別の対象にふり向けることを〈置換え(転位)displacement〉という。たとえば父親への憎悪を抑圧し,より安全に攻撃できる教師に向ける場合。…

※「置換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

置換の関連情報