コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスミノーゲンアクチベーター

栄養・生化学辞典の解説

プラスミノーゲンアクチベーター

 プラスミノーゲン活性化因子ともいう.プラスミノーゲンを活性化してプラスミンにし,血液凝固で生成したフィブリンを溶解する反応を触媒するプロテアーセ.血管壁から分泌される因子(vascular activator)と組織が作るもの(tissue plasminogen activator)[EC3.4.21.68],尿に存在するウロキナーゼ(urokinase)[EC3.4.21.21.73]が知られている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報