コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスミノーゲンアクチベーター

1件 の用語解説(プラスミノーゲンアクチベーターの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

プラスミノーゲンアクチベーター

 プラスミノーゲン活性化因子ともいう.プラスミノーゲンを活性化してプラスミンにし,血液凝固で生成したフィブリンを溶解する反応を触媒するプロテアーセ.血管壁から分泌される因子(vascular activator)と組織が作るもの(tissue plasminogen activator)[EC3.4.21.68],尿に存在するウロキナーゼ(urokinase)[EC3.4.21.21.73]が知られている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone